閉じる

感想とかなんでも書き込み版
URL:
      だいめい
アイコン一覧
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     


[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.154 2009/03/26(木) 17:06:36
刹那  
お久しぶりですvv 返信
ほんとにお久しぶりですっvv
ここ最近パソコン開いてもほとんど来れなかったのでたくさん進んでいましたっ!!
鳥居さんみたいな子大好きです
ほっとけないから助けちゃうみたいな、優しい人なんですね。
スカートの件はとっても面白かったです。
ずっとシリアスな感じではなくギャグがたまに入っていて読んでて面白いです。
その上、戦闘シーンはスピードがあって最高ですっ!!
キャラ紹介では能力や制約が細かく書いてあってキャラ一人一人を丁寧に作ってるんだなぁと思いました。
私はそうゆうのが苦手なので…
これから峰君がどんどん強くなっていくのが楽しみですっ

私のサイトのことです。
柄卯鳥さまからの夏目絵やっとあっぷ致しました。
気に入っていただければいいです。
それと4月のはなしになると思いますが、サイトを縮小する予定です。いろいろとご迷惑をおかけすることになるとは思いますがよろしくお願いします。

ところで…今更でほんと申し訳ないのですが…
名前の『柄卯鳥』はなんと読むのでしょうか??
調べても出てこなくて…ずっと分からないままでした。すみません。
 
No.155 (修正済) 2009/03/27(金) 20:56:11
管理者 管理人こと柄卯鳥  
お久しぶりです 返信
>ほんとにお久しぶりですっvv
>ここ最近パソコン開いてもほとんど来れなかったのでたくさん進んでいましたっ!!

感想ありがとうございます
やっぱこういうのが無いと書いていこうという意欲が沸いてこないので…本当にありがたいです
私は刹那さんに助けられてると言っても過言じゃないのかもしれない


>鳥居さんみたいな子大好きです
>ほっとけないから助けちゃうみたいな、優しい人なんですね。
>スカートの件はとっても面白かったです。
>ずっとシリアスな感じではなくギャグがたまに入っていて読んでて面白いです。

中学時代に書いてたのでは、鳥居は真逆のキャラでしてね…
でも何か違和感があるなぁ…と思って今みたいなキャラに
結果的にソレがプラスに作用されて良かったかと
スカートの中も即興で書いた文ですから正直いれるかいれざるべきか悩みましたが…まぁ大丈夫そうで何よりです


>その上、戦闘シーンはスピードがあって最高ですっ!!
>キャラ紹介では能力や制約が細かく書いてあってキャラ一人一人を丁寧に作ってるんだなぁと思いました。
>私はそうゆうのが苦手なので…

自分ではあまりスピード感のある戦いを描けた気になれてなかったので、その言葉はとても嬉しいです
軽く自信に繋がりますしね
能力や制約はそれこそ昔に書いてた中二設定そのままだったり…
ま、特殊能力などは昔の方がよく考えてたなと自分でも思います
今ではあまり考えることもなくなってきましたからね…うん
だからもう今では刹那さんと一緒で、たぶん考えられないかとw


>これから峰君がどんどん強くなっていくのが楽しみですっ

ありがとうございますw
でもこれから先はもしかしたら…ってな展開になる可能性も否めない
ように書けていけたらなと思います
読者様の予測斜め上をいける文章を描けるようにならないと面白くありませんからね


>柄卯鳥さまからの夏目絵やっとあっぷ致しました。
>気に入っていただければいいです。

早速見に行かせてもらいました
自分の名前が大きく書かれててビックリしたwwwwwwってかニャンコ先生可愛すぎるwwwww


>それと4月のはなしになると思いますが、サイトを縮小する予定です。いろいろとご迷惑をおかけすることになるとは思いますがよろしくお願いします。

あぁ…そう言えば引越し云々と書いてたような…
まぁ、それは仕方の無いことだと思うので、また今ぐらい――いや、今よりも大きくなって帰ってくるときを楽しみにしてますw


>ところで…今更でほんと申し訳ないのですが…
>名前の『柄卯鳥』はなんと読むのでしょうか??
>調べても出てこなくて…ずっと分からないままでした。すみません。

ああ〜…しまった
そういや読み方とか書いてませんでしたね…
柄卯鳥は造語なので、実は調べても読みは出てこなかったり…
もうそのまま「エウトリ」と読んで下されば良いです
昔は「つかうとり」だったけど、色々と紆余曲折も無く、あっさりと音読みにして「エウトリ」になったので
意味はまぁ…特にありませんがw
 
No.156 2009/04/06(月) 22:37:16
刹那  
気になりますっ 返信
最後の終わり方がとても気になります!!
麻枝ちゃんがどうなるか…不安ですっ
峰君の前にはすごそうなのが2人出てくるし…

なによりもルールが難しいです。
こんな話を中学時代に考えていたなんて…
でもさすが柄卯鳥さんって感じです。
共闘関係って戦う方はとっても面倒くさいですね…
1人対数人だなんて…よくあるレンジャーものの「ヒィ〜」だの「キィ〜」だの言ってる奴らとは全然違いますから(笑)

 
No.157 (修正済) 2009/04/06(月) 23:24:06
管理者 管理人こと柄卯鳥  
背筋がゾクゾクときました 返信
感想をくれた喜びで…ね
ホント、毎度毎度ありがとうございますm( __ __ )m



>最後の終わり方がとても気になります!!

あえて気になる場所で切ってみました
…嫌がらせとか、そんなのじゃないですよ…?


>麻枝ちゃんがどうなるか…不安ですっ
>峰君の前にはすごそうなのが2人出てくるし…

…スゴイ存在のように描けるかどうか…内心不安まみれです


>なによりもルールが難しいです。

あぁ…確かに
昔の自分のメモ見てなかったら私自身でも理解するのに時間かかったかも…
…何かルールブック的なものを作りますか…


>こんな話を中学時代に考えていたなんて…
>でもさすが柄卯鳥さんって感じです。

褒めてくださったところ申し訳ない
ただ中二病を患ってただけなんですw
まぁ今もそうd(ry


>共闘関係って戦う方はとっても面倒くさいですね…
>1人対数人だなんて…よくあるレンジャーものの「ヒィ〜」だの「キィ〜」だの言ってる奴らとは全然違いますから(笑)

一対多になれば確かに面倒ですねぇw
今回俊哉たちのチームは一チームで挑みましたが、本来ならちゃんと共闘関係を結んでおき、向こうがいくらチームを指定しても大丈夫なよう身構えておくんです
そうしないと一チーム増やされるだけで二倍の人数を相手にしないといけませんからねw
だからそれをまぁ、俊哉たちは事前に情報仕入れて相手のチームリーダーを特定しておき、倒せるよう作戦を組み立てて、半分でも勝てるよう立ち回る、みたいな感じです
…あれ? 私は何を言いたかったんだ…?
 
No.158 2009/04/19(日) 20:23:37
刹那  
お久しぶりですvv 返信
17話18話は何が良かったって峰君ですっ!!
麻枝ちゃんを助ける峰君がすっごくカッコよかったですっ
一番カッコいいのは紅先輩ですけど(笑)
そしてやっぱりいいところは紅先輩が持っていくという(笑)
戦闘シーンもスピードがあって楽しいです!!
共闘関係って大変だけど紅先輩のチームは絶対勝ってくれると信じてます。

 
No.159 (修正済) 2009/04/20(月) 22:19:34
管理者 管理人こと柄卯鳥  
毎度毎度感想の方…本当にありがとうございますm( __ __ )m 返信
>17話18話は何が良かったって峰君ですっ!!
>麻枝ちゃんを助ける峰君がすっごくカッコよかったですっ

やっぱメインは俊哉の成長ですからね…段々とカッコ良くなっていく姿を想定して描いているので、うれしい限りで
まぁもっともこの時が絶頂という考えもありますがねw


>一番カッコいいのは紅先輩ですけど(笑)
>そしてやっぱりいいところは紅先輩が持っていくという(笑)

やっぱ成長する主人公を導く人ですからね…必然カッコ良くなってしまうんですよねぇww


>戦闘シーンもスピードがあって楽しいです!!
>共闘関係って大変だけど紅先輩のチームは絶対勝ってくれると信じてます。

スピードがあってと言ってくれてありがたいです
こっから先も頑張っていきますので、応援の方、よろしくお願いしますww
 
No.160 2009/05/02(土) 12:47:11
刹那  
お久しぶりです 返信
パソコンが壊れてずーっとネットに繋げない状態でした((涙
10話も進んでました!!一日で読み切りましたけど((笑
すっごくおもしろかったのでどんどん読み進めていきました。
柄卯鳥さんの話は私の好きな本にとても似ています。
(ダレン・シャンのデモナータという作品をご存知でしょうか?まぁ、小中学生向けなので多分ご存じないかと思いますが)

まずは共闘関係の戦いでなんとか勝てた峰君たちにほんとよかった〜ってホッとしています。
手を差しのべられてあたふたする所とか、着替え中を見てしまってイス(笑)を投げられてしまうところとかwwwオチが面白かったですっ!!
1位との戦いが以外とあっけなかったなーと思いました。
でも、その裏切った弘喜だからこそのあっけなさな気もします。
なにが一番驚いたって紅先輩のチームがリーダーがアオさんだったことですっ。すっごくびっくりでしたっ

そして…理事長さんが紅先輩のおじいさまだったなんて!!紅先輩はおじい様のことを恨んでいるのではなく、心配してるんですね。
でも…恨んでいることが妄想能力の力になるんですよね?
あ、紅先輩とアオさんは違うんですよね?

峰君の一人称が「オレ」から「ボク」へ変わったのでなんかちょっと安心しました。
「オレ」のときよりも「ボク」のほうが覚悟と決意…みたいなのが言動にも表れていたのでそんな峰君もカッコいいです❤

 
No.161 (修正済) 2009/05/03(日) 10:21:51
管理者 管理人こと柄卯鳥  
パソコンが直ってさっそく来てくれて…ホントありがとうございますm( __ __ )m 返信
>10話も進んでました!!一日で読み切りましたけど((笑
>すっごくおもしろかったのでどんどん読み進めていきました。

なんと嬉しいお言葉を…あれ? パソコンの画面が滲んで見えるよ…


>柄卯鳥さんの話は私の好きな本にとても似ています。
>(ダレン・シャンのデモナータという作品をご存知でしょうか?まぁ、小中学生向けなので多分ご存じないかと思いますが)

ダレン・ジャンの話は「ダレン・ジャン」しか知りませんでしたねぇ〜…
デモナータは名前すら聞いたことなかったです(汗
…後日探してみようかな…


>まずは共闘関係の戦いでなんとか勝てた峰君たちにほんとよかった〜ってホッとしています。
>手を差しのべられてあたふたする所とか、着替え中を見てしまってイス(笑)を投げられてしまうところとかwwwオチが面白かったですっ!!

数少ない戦闘以外のシーンぐらいそういうのを…と当時は考えていたのかもしれません
今こうして書き直してると「あれ? これってスベってね??」と思ってただけに、そう言っていただけるとありがたかったり


>1位との戦いが以外とあっけなかったなーと思いました。
>でも、その裏切った弘喜だからこそのあっけなさな気もします。

本当は俊哉が戦っていた三人にもちゃんとした名前があったり、ちゃんとした戦闘描写があったりしたんですが…俊哉は成長したし、あえてその後の――しかも負ける戦いは描写しない方が良いかなぁ、と思ってああなりました
でも…確かに呆気なさ過ぎましたし、やっぱカットしない方が良かったのかもしれないなぁ…


>なにが一番驚いたって紅先輩のチームがリーダーがアオさんだったことですっ。すっごくびっくりでしたっ

共闘での戦いで紅は負けたのに、チームが敗北にならなかったのがさり気なく伏線だったり…
…分かり辛いとは内心思いましたがね(汗


>そして…理事長さんが紅先輩のおじいさまだったなんて!!紅先輩はおじい様のことを恨んでいるのではなく、心配してるんですね。
>でも…恨んでいることが妄想能力の力になるんですよね?
>あ、紅先輩とアオさんは違うんですよね?

いえ、妄想能力の時点で「憎しみ」からの能力発現は共通項です
たとえ理事長の妄想能力の効果でなくとも、です

紅が妄想能力を植え付けて目覚めた理由は裏設定なんですが、祖父が“そういう風”になった後「祖父がそんなことをしないといけないこの世界が憎い。助け出してやりたい」という強い思いを抱きながらウィルスをいれたからなんです。だから「他人の妄想能力の改竄」という“他人がそれぞれに持っている世界の否定”を手に入れたんです
まぁ、まったく本編で出せなかったのは悔やまれますな…

ちなみに蒼莉は「祖父と兄のような人を仲直りさせてやれない自分を憎み」ながら注入した分類です


>峰君の一人称が「オレ」から「ボク」へ変わったのでなんかちょっと安心しました。
>「オレ」のときよりも「ボク」のほうが覚悟と決意…みたいなのが言動にも表れていたのでそんな峰君もカッコいいです❤

最初の「ボク」と最後の「ボク」が違って見えてくれているのがとてつもなくありがたかったり…
偽りとしての「オレ」から戻った訳ですから、それだけ自分に自信が戻ってきたってことの証として見て頂ければ嬉しいです
 
No.163 (修正済) 2009/05/04(月) 00:06:28
刹那  
完結おめでとうございます!! 返信
昨日、書こうと思ったのですが何故かネットがつながらなくて…((涙
よかった…という終わり方ではありませんでした。
う〜ん…主人公達は世界から消えて(?)しまったし…
ただ、峰君がやっぱり最後カッコよかったですっ
理事長さんの考えも、もしかしたら正しいのかも…
でも、身内にとってはそんなことしてほしくないし…なによりもそばで一緒に居てくれるだけで良かったのではないかと…
だからこそ、最後の理事長の行動は良かったのか悪かったのか…
結局何も意味が無かったのか…理事長に紅先輩の心は届いたのか…
理事長は、大事な人を失ってまでもこれを実行したかったのか…
謎です。
でも、最後に峰君が「皆と共に」と言ってくれたのがなによりも嬉しかったです。
紅先輩やアオさん、麻枝ちゃんと一緒に戦うことで気持ちの変化があらわれてくれて良かったという感じです。

なるほど…紅先輩と、アオさんも憎しみからだったのですね!!
確かに…でも、紅先輩とアオさんの憎しみというものはとても悲しい気がします…

私もダレン・シャン読みました!!
あれでダレン・シャンさんのファンになったので。
ただ…とーっても怖いっ
タイカクノセカイも夜には読めないほど怖がりな私ですが(笑)

完結おめでとうございます!!毎度毎度とっても楽しかったです。

次回作は5/13ですか!!
その日に出るのを楽しみにしてます♡
なにしろ誕生日なものですから❤
首を長くして待ってます!!

あ、でもご無理はなさらないようにして下さいね!!
 
No.164 2009/05/09(土) 00:20:16
管理者 管理人こと柄卯鳥  
おめでとうメッセージ、ありがとうございます! 返信
お返事遅くなってホント申し訳無いです…
ホント…無謀な挑戦なんてするから……こんな目に…
ゴメンなさいです…


>よかった…という終わり方ではありませんでした。
>う〜ん…主人公達は世界から消えて(?)しまったし…
>ただ、峰君がやっぱり最後カッコよかったですっ

そうですね…あくまでも俊哉の成長がメインでしたから、最後はああなってしまった感があります…
もしあそこで、ああして終わらずハッピーエンドになってしまっていたら、それ以上俊哉は成長しないと言うことになりますからねぇ…

ちなみに、続編を作るとしたら、皆がまた元の妄想能力を扱える世界に戻される、というところから始まると思います
つまり、世界から消えた、と言うよりも、例の世界に戻された、といった感じですかね


>理事長さんの考えも、もしかしたら正しいのかも…
>でも、身内にとってはそんなことしてほしくないし…なによりもそばで一緒に居てくれるだけで良かったのではないかと…
>だからこそ、最後の理事長の行動は良かったのか悪かったのか…
>結局何も意味が無かったのか…理事長に紅先輩の心は届いたのか…
>理事長は、大事な人を失ってまでもこれを実行したかったのか…
>謎です。

妄想能力は“憎しみ”を糧に扱えるようになりますから…
理事長も激しい憎しみがあってあの能力に目覚め、そしてその力を最大限生かしつつ憎しみを発散させる方法が、例のアレだった訳です
…うん、この辺書かなかったのは失敗でしたねw
ちゃんと設定まであったのに…また書いてないことがあったな……


>でも、最後に峰君が「皆と共に」と言ってくれたのがなによりも嬉しかったです。
>紅先輩やアオさん、麻枝ちゃんと一緒に戦うことで気持ちの変化があらわれてくれて良かったという感じです。

やっぱりメインは主人公である俊哉の成長ですからね…その辺を感じ取ってくれて良かったですw


>なるほど…紅先輩と、アオさんも憎しみからだったのですね!!
>確かに…でも、紅先輩とアオさんの憎しみというものはとても悲しい気がします…

何だかんだで、全員が全員悲しい理由ですからね…
俊哉も忘れがちですが、イジメが原因ですし…
ちなみに麻枝もイジメが原因です(もっともこっちは俊哉と違い、精神的なものが大半部分を占めたイジメだ、って設定でしたが…


>私もダレン・シャン読みました!!
>あれでダレン・シャンさんのファンになったので。
>ただ…とーっても怖いっ
>タイカクノセカイも夜には読めないほど怖がりな私ですが(笑)

ホラー的な怖さ、というよりも、別ベクトルの怖さを感じた作品でしたね
何ていうんでしょうか…ミステリに近しい恐怖感、でしょうかね


>完結おめでとうございます!!毎度毎度とっても楽しかったです。

そう言っていただけてとても嬉しいです!w
正直、書き直している段階で「駄文だなぁ…」とか思ってただけに、嬉しいですww


>次回作は5/13ですか!!
>その日に出るのを楽しみにしてます♡
>なにしろ誕生日なものですから❤
>首を長くして待ってます!!

なんと!! お誕生日ですか!!
それはそれは…一足早く、おめでとうございますw
…と言っても、誕生日に何の行動も起こしてやれない、不甲斐ない自分ですがね…
…う〜ん…日頃励まされている分、何かしたいとは思うのですが…


>あ、でもご無理はなさらないようにして下さいね!!

はっはっは……
前述の文を見てしまった後だと、無茶をしてしまうってもんですよww
まぁ、遅れないようにだけはしますw

せっかく、こうして楽しみにしてくれている方が近くにいてくれているんですから

[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング