閉じる

曰佐クラブHP管理者(銀パパ)のつぶやき
福岡市南区の小学生ソフトボールチーム「曰佐少年ソフトボールクラブ」にて、
webを担当しています「銀パパ」と申します。
ソフトや野球に関係あろうがなかろうが、日々感じた事を呟いていきます。
よろしくお願い致します。

 

[前の5件] [Reload] [次の5件]

No.487 2014/03/03(月) 01:07:45
管理者 銀パパ  
前10番へ 返信
3/9に卒部式を控える君に、一言伝えたい事があって、久しぶりに更新してみます。
とは言え、君との思い出を語れるほど僕は君を知る訳でもなく、それが今となっては心残りなのです。

今日君の後輩達は、南リーグの新人戦を迎えました。
結果は、君も承知の通り3位でした。
ブロック1位を決めるタイブレークで破れ、君の後輩の数名は涙していました。

練習中に泣く事はあっても、試合中に涙を流す事は、僕は嫌い。
試合後にグランドで涙するのも、どっちかと言えば嫌いな性分なのですが、
でも涙する子供たちを責めるつもりはなく、ただなぜか、君の事を思い出していました。

現在曰佐には、10名の最上級生がいます。
そのうち泣いていた子は3名。
直接話しを聞いた訳ではないし、その涙の理由が何なのかは、想像は出来ても確信はありません。
ただその理由が想像通りだとしたら、君はたった一人で、
三人分の重荷を背負っていたのかなと、ついつい考えてしまいました。
主将と言うだけで重荷なのに、たった一人の最上級生として一年を過ごし、
100点とは言えずとも、そこそこの高得点を得た君の凄さを改めて感じていました。
そこにいない君を思い出していたら、ひょっこりと現れて驚きましたがw

今日泣いた子達が明日以降、どう変わるのかは僕も楽しみにしています。
泣かなかった子達もきっと、悔しい思いに変わりはないはずだから、明日以降変わるでしょう。
君の背中を見続けていた子達だから、きっと大丈夫、何かを起こしてくれるはず。
君にも期待しててほしいと思います。

さて、君の事ですが・・・
新しい環境には慣れたかな?
君が選んだ道だから、きっとそこには光があるはず。
初志貫徹で、頑張ってほしい。
歩み続ける事、ただそれだけで、それは君の力となり、自慢できるものとなる。
ただ、張り詰めてばかりだと肩が凝るから、時にちょっと力を抜くといいよ。
ま、その辺りは大丈夫だと思うけど。


部活や受験で、行き詰ったわが子が監督から言われて、聞いた僕が涙しちゃった言葉を送ります。

何だかんだ言っても、ここ(曰佐小)がお前の故郷なんやけん、何かあったら顔出せや。
俺はいつでも待っとうぜ。

故郷があるっていいよね。
ま、言いたかったのはこれです。


これからも、君の一番のファンである、お父さん、お母さんを大切に。


 
No.480 (修正済) 2009/03/17(火) 16:15:52
管理者 銀パパ  
旅立ち 返信
桜がほころび、軽く汗ばむ陽気の中、各地の小学校では、卒業式(卒業証書授与式)が行われました。
曰佐クラブ28期生達5人も、曰佐小、弥永小に分かれ、無事卒業証書を手にしました。
曰佐クラブの卒部生が、分かれて卒業式を迎えるのは、知る限り2回目。
小学校生活の最後に、全員が顔を合わせる事はないのかな?
そんな父の呟きに、いち早く反応した銀は、弥永小生が卒業式終了後、曰佐小に向かう事を提案。
少し早く終わった曰佐小生を待たせはしましたが、13:00前には全員が顔を揃えました。
いつもとは違うブレザー姿が、とても眩く見えました。



卒業式の朝、皆の前でピアノ伴奏をする銀の緊張は、尋常ではありませんでした。
式では、出番が近づくにつれ、荒くなっていく呼吸が、見てて伝わります。
肩を叩かれ呼ばれた時の銀の表情は、まるで刑場に向かうようなそれ。
朝何度も、つっかかりもっかかりだった曲を見事に弾きあげ、自分の席に戻った時の目は真っ赤。
高揚し、呼吸すら忘れてるようでした。



28期生のみんな、卒業おめでとう。
今更君達に言う事はないんだけど・・・
「転んでも、また立ち上がればよい」
私の座右の銘を贈ります。

転ぶ事を避け、安全な道を通る事は、時には必要かもしれません。
でも、転んでも、また立ち上がればいいだけ。
痛みに堪える気力と、何度も立ち上がる体力。
それさえ持ち合わせていたら、転ぶ事を無駄に恐れる必要は無い。
何度転んでも、何度でも立ち上がれる気持ちを養って下さい。

YES WE CAN!
君達なら、きっと大丈夫だと確信しています。
ONE FOR ALL! ALL FOR ONE!
でも、君達はそれ以上の事を示してくれた。
ALL FOR ALL!
たくさんの思い出をありがとう。



28期生達は、小学校生活の終了と共に、新たな一歩を踏み出しました。
お別れ大会以後、ずっと立ち止まってた私ですが・・・
いつまでも、立ち止まってはいられません!

これまで3年間、書き綴って来た「銀パパのつぶやき」ですが、立ち止まってた事もあり、このところ更新進まず。
今日から新たな一歩を踏み出す記念に、銀の小学校卒業と共に、勝手ながら・・・
今後も曰佐クラブを支援しつつも、置き去りにしてきた家族、とりわけ次男を見つめていきたい。
銀や私を育ててくれた曰佐クラブを応援しつつ、銀の応援も続けつつ、でも、次男と三男の成長をもっと見つめたい。
中途半端に止める事は本意ではありませんが、中途半端に続けるのも本意ではなく、その狭間で考え抜きましたが・・・

長い間ご愛読頂いた皆様には、お礼の言葉も、お詫びの言葉も見つかりませんが、今日を最後に、全ての更新を停止致します。
親として、まだまだ発展途上の私ですが、銀のお陰、少年ソフトボールのお陰、そしてブログを書かせて頂き、皆様と交流させて頂いたお陰で、格段に成長する事が出来ました。
お世話になりました皆様には、心からお礼申し上げます。

銀の少年ソフトボールと、私の一幕は終了しましたが、二幕、三幕と物語は続きます。
I HAVE A DREAM!
私の抱き続けている夢は、やがて開演する第二幕に向けて、思いっきり温めておきます!
 
No.482 2009/03/17(火) 21:16:32
ウォーリー  
お疲れ様でしたm(__)m 返信
いつも...
いろんな事を考えながら...
拝見させて頂きました...
大変...
勉強になりました...
私も...
まだまだ...
子供達の追っかけ...
楽しみます...
書きたくなったら...
また...
書いてください
私も子供も...
今まで...
たくさん...
転びましたが...
しつこく...
起き上がりました
これからも...
繰り返し...
起き上がるだけですね
『銀パパ』の...
これからの...
ご健康と...
ご活躍を...
お祈りします...

No.483 2009/03/17(火) 21:19:13
ウォーリー  
Re:お疲れ様でしたm(__)m 返信
『銀パパ家』と書いたつもりだったのに...
『銀パパ』になっていました...
すみませんm(__)m
また...
お会いしましょう
No.484 2009/03/17(火) 21:53:08
管理者 銀パパ  
ありがとうございます 返信
去年一年間、殆どの活動を欠かさずに見て来ました。
鮮明に記憶する位、身を乗り出し、しっかりと見、感じて来ました。
ですから、熱い気持ちを伝える事が出来ましたし、言う事に、多少の説得力が加わりました。
ですが今年は・・・

去年同様、今年も子供達は、精一杯頑張ると思います。
でも、頑張りきれてない私が、たまに見て書くのは失礼ではないかと思います。
加えて、ずっと熱く書いて来たのに、そうではない文章で埋もれさす事に、大きな抵抗を感じ得ません。

次男は小学生になれば、もっともっと野球をしたくなるでしょう。
我慢が出来なくなった時を待ち、入部すると思います。
と同時に、冷静ではない熱い想いが、私に蘇ると思います(笑)
共に戦おうと言う想いが。
再開は、その時に居場所があれば、考えます。



じゅごん@千早西様
ありがとうございます。
幕間の一杯、いいですね〜
幹事じゃなければ(爆)
それと、ワインはダメです。
私、相当悪酔いして、意識不明になりますから。



ウォーリー様
ありがとうございます。
顔を出さなくなる訳ではありませんので、お会い出来ると思いますよ。
ホームページの管理人も続けますし。
直近では、全国の市予選ですかね?
私が仕事を休めたらの話しですが・・・(汗)
No.485 2009/03/17(火) 22:14:15
はやピーママ@高木  
祝☆卒業 返信
ご卒業おめでとうございます。
そして、「銀パパのつぶやき」
ありがとうございました。
お疲れ様でした。
思えば、私がブログにはまったのは
昨年の夏頃、この「銀パパのブログ」が最初でした。
一言一言に重みがあって
泣いたり笑ったり感動したり・・・。
同じチームの「ハートのエース」にこのブログの存在を伝えると
仕事中に一気読み。(過去のも全部読んでいました)
そして、母たちの関心事は
「銀パパってどんな人だろう?」
妄想はふくらみます。
練習試合の日にS監督にお尋ねし、はじめて「銀パパ」がどの人かわかりました。妄想のままがよかったなんて言いませんよ(笑)


その後いろいろなブログに出会い、書き込んでいくうちに私もブログを始め、今では子ども以上にソフトにのめり込んでいるかもしれません。

本当に「銀パパ」さんにはお世話になりました。
って会ってちゃんとお話ししたことは一度もないのですが(爆)

これからも仕事の合間に?「はやピーママの晴れたり曇ったり」をのぞいてくださいね。ロム専なんて言わずに、コメントお待ちしています。

それと、お互いアラフォーなので「パパ」「ママ」はどうかと
私も考え中です・・・。


>卒業式の朝、皆の前でピアノ伴奏をする銀の緊張は、尋常ではありませんでした。

わかります〜ウチの息子も南区音楽会でピアノを弾く日の朝、
ご飯がのどを通りませんでした。ご飯がのどを通らないなんて後にも先にもこの1回です。
さらに、「あんたが失敗したら高木小学校全部に迷惑かけるっちゃけんね!」といって送り出した鬼母です(汗)
結果はうまくいったのでよしとしましょう。

銀ちゃん卒業式でピアノ弾いたのですね。
かっこい〜〜〜!
中学でも続けて「合唱コンクール」でも弾いてほしいな〜!!


では、二男君、三男君(同期)の時代にまたお会いできる日を楽しみに待っています。

ありがとうございました!!
No.486 2009/03/18(水) 16:42:27
銀パパ  
はやピーママ@高木様 返信
>妄想のままがよかったなんて言いませんよ(笑)
言ってるし!(爆)
「黙って子供を見守る父」なんてイメージ、作ってたでしょ?(笑)
ブロガーは、神秘的な存在のウチが華なんです。
現在、身をもって体験されてませんか?(笑)
次、もし再開する事があれば、絶対に正体を明かさぬよう、監督に伝えますから(真剣)



>って会ってちゃんとお話ししたことは一度もないのですが(爆)
顔は互いに見かけてるんですがね。
ネットでこれだけ交流してて、喋った事がないのは、私がシャイだからです(爆)
もしも、高木さん&曰佐で夜の交流をする時は、ぜひお声かけ下さい。



こちらこそ、たくさんのプレッシャー、ありがとうございました(笑)
そして卒業に際し、お祝いの言葉を頂き、かさねてお礼申し上げます。



私が疲れるのは、これからです。
成長を続ける、3人の息子に振り回される事、必至(涙)
曰佐クラブの、IT推進にも着手しなきゃ!
以後は本職?の、IT推進部長@曰佐です(笑)
レスをすべて読む
 
No.477 2009/03/16(月) 13:54:46
管理者 銀パパ  
卒業 返信
銀の好きなソフトが、いつしか「父が好きな」に変わった。
私の意が、銀の意を越えた時に、歯車が狂ったのかもしれない。
「努力」を強制し、「上達」を強要した。

昨日は、曰佐クラブの体験入部。
5歳の次男に、銀のユニフォームを着せて参加した。
銀が入りたての頃、こうやって着せてたな・・・
そんな思いにふける自分。
次男に着せながら、銀の事を考えてしまった。

銀が卒部して、ぽっかりと空いた心の隙間。
確実に時は流れているのに、どうやら私だけ、立ち止まってしまっているようだ。
そんな私に反して銀は、軟式用のキャッチャーミットを頂き、うずうずしているようで。
「学校から帰って、キャッチボールしよう!」と、ミットを持って、勇んで登校した後姿を見送る。
ここに来て、抜き返されてしまった気がする。

それでいいんだけど・・・
これが本来あるべき姿。
とは分かっているが、どうもね・・・



銀が小学校入学以来、続けていた旗当番が、今朝終了した。
最初は誰も私を知らなかったのに、今ではすっかり馴染んだ、「銀ちゃんのおじちゃん」としての私の前を、同級生達が元気に挨拶して通り過ぎる。
あの頃は彼らも挨拶出来ず、「おはよう」と返すまで追いかけたのにね(笑)
そんな友達と一緒に、いよいよ明日、銀の小学生最後の行事を迎える。
流石にね・・・
堪えきれないかもしれない。



明日が終わったら、立ち止まった自分から、脱却出来そうな気がする。
 
No.478 2009/03/16(月) 14:15:44
はやピーママ@高木  
Re:卒業 返信
明日の卒業式には銀パパさんも出席されるのですか?
そして、「銀パパ」というネーミングも卒業なのかな・・・
寂しい限りです。
子どもは意外にあっさりしてるし、次の目標に向かって切り替えてるし、大人の方が時間がかかるのかも・・・。
何はともあれ、明日は思いっきり6年間を振り返ってください。
ん?銀ちゃんが1年生の時はまだ一人っ子だったのかな?



>あの頃は彼らも挨拶出来ず、「おはよう」と返すまで追いかけたのにね(笑)

私も追いかけます(笑)
さらに、それがスネークスのメンバーだったら
拳を振りあげます(爆)

No.479 2009/03/16(月) 18:01:27
管理者 銀パパ  
はやピーママ@高木様 返信
はやピーママさんも、ナカナカやりますな(笑)
私の前を通る、曰佐クラブのメンバーは、現3番だけです。
内気?な彼はいつも、頬をつねられたり、ボディブローを食ってましたが、敵もさるもの?
この頃は、私が立つより早く、学校に行ってる模様(爆)

明日は卒業式には出ますが、終わり次第、仕事に行きます。
感傷に浸る間もありません(笑)

中学生の父で、「パパ」はどうかと?(爆)
これもまた、時代の流れ?子の成長の証です(笑)
 
No.469 (修正済) 2009/03/09(月) 12:05:42
管理者 銀パパ  
卒部式 返信
「ほっとした」
一言で言うと、そんな心境。
「たかが少年ソフトで、いちいち目くじら立てる必要がなくなった」
言ってしまえば、ただそれだけ。
でも、
「もう一緒に戦えないのかな・・・」
「野球の事で、もう頼られる事はないのかな・・・」
そんな寂しさも、ない訳じゃない。



午前中にレクレーション。
「頼りない」と思ってたバッテリーに、三振を喫した私。
小学生相手に三振したのは、初めての事。
3年前の大型投手にも、去年の速球投手にも三振してないのに・・・(汗)
ま、あれはね・・・
ここんとこ激務続きで、目がね・・・霞んでたのよ。老眼もね。

父の、大して速くないウインドミルに、四苦八苦しながらバントしてたのが、ほんの少し前。
なのに昨日は、ライト前にジャストミート。
ま、あれはね・・・
前日に俺、肩を痛めてたのよ。
得意コースに投げてやったのよ。

ま、成長した事は認めよう。



午後からは、いよいよ卒部式。
在部生父兄の粋な演出により、監督の目はウルウル。
私の横では、妻が化粧落ちを気にしながら、必死で涙を堪えている(爆)
私?
いや、平然としてましたよ(笑)
本当ですってば!

でも、在部生が泣いた卒部式は、今年が始めてです。
上を向き、必死で涙を堪える大志。
いきなり泣きだした巧馬。
言葉にならなくなった拓未。
短い期間しか一緒にやってないのに、ずっと泣いてた徹。
2年生の龍世も、しっかりと挨拶。
みんな、ありがとうね。

卒部生はと言うと・・・
銀以外は、感極まってました。
そう、銀以外は・・・(汗)
あのさ〜
お前には、「感情」ってもんがないんかね?
お前はさ〜、空気ってもんが読めないんかね?
「いや・・・泣かないかんかな?って思うっちゃけど、泣けんったいね・・・」とは銀の弁。
はぁ〜・・・(ため息)
怒られた時は、すぐ泣くくせに!
お前が泣いたら、俺も泣いたかもしれないのに・・・



樹、大貴、勇輔、千博へ。
君達と同時期に、曰佐クラブで銀がやれて、本当に嬉しく思います。
君達と一緒に、銀が曰佐クラブを卒部できて、大変嬉しく思ってます。
銀が君達と一緒に頑張れて、泣けて、笑えて、仲良く出来て、本当に嬉しく思ってます。
ありがとう。

君達が私にくれた、サプライズメッセージ、しっかりと読みました。
まるでハンでも押したように、「厳しかった」と・・・(汗)
悪い事したかな・・・
でも、大した事やってないんだけど、「励ましてもらえて嬉しかったです。」「褒めてもらえて嬉しかったです。」「自信がつきました。」
そう〆てあったので、少し安堵しましたが。
中学に行っても、銀の友として、ライバルとして、同じ曰佐ファミリーとして、また一緒に、汗と涙を流し、そして笑いましょう!



在部生の皆さんへ。
立派な卒部式、本当にありがとうございました。
君達にお手伝い頂き、共に獲得したトロフィー達は、全部6年生が持ち帰りました。
ゴメン・・・(汗)
共にあげた、「輝かしい実績の証」が、ぜ〜んぶ無くなってしまい、申し訳なく思います。
でももう、失う物は何もない訳で(笑)
恐れず、臆さず、ボールに向かって行って下さい。
君達一人一人に、私は輝ける要素を見出しています。
磨けば必ず光るはず。
お父さん、お母さんに頼りながら、君達は君達の栄光を掴んで下さい。
親には甘えてもいいから、自分には甘えるな!
銀に言い続けて、なかなか分かってくれなかった言葉を残します。
そして、2つだけ・・・
失ってほしくないないものがあります。
「勝ちたい」と思う気持ちと、「曰佐少年ソフトボールクラブ」だけは、絶対に失わないで下さい。



在部生ご父兄の皆様へ。
立派な卒部式、本当にありがとうございました。
粋な演出、嬉しく思います。
皆様のお力添えで、立派な成績を修め、自分の子達は卒部出来ました。
今度は皆さんが、笑う番です。
自分のお子さんと一緒に、声高らかに笑って下さい。
その為には・・・
戦って下さい。
声を張り上げて下さい。
一緒に泣いて下さい。
歯を食いしばって下さい。
それ位しか、出来る事がないんですよね・・・
歯痒い事、辛い事、いっぱいあると思いますが、我が子と一緒に乗り越えて下さい。

卒部式2次会で、私に泣かされた5年生のお母様方・・・(汗)
いや・・・泣かれるとは・・・あんな事になるとは・・・(滝汗)
私がこの1年、銀に対して、何を考えたかを言っただけなのですが・・・

「頑張りなさい!」は、一方的な命令で、「だらしない!」は、子供ではなく、自分にも!
ムリはしなくてもいいんで、空いてる時に、僅かな時間でも、黙っててもいいんで、子供を見ましょう。
子供にとって、本当の指導者は、親である私達です。
子供と一緒に泣き、笑い、楽しみましょう!(笑)
と言ったのが、感動させた?(汗)



コーチの皆様へ。
至らない打者&キャッチャーでしたが、根気良くご指導下さり、ありがとうございました。
厳しく、そして優しく接して頂き、嬉しく思います。
皆様を頼ってた銀は、昨日卒部致しましたが、まだまだ皆様を頼る子は大勢。
なかなか気が抜けず、大変だとは思いますが、今後も子供達の育成に、ご尽力下さい。
長い間、本当にありがとうございました。



監督へ。
ここで改めて書くのは、妙に照れ臭いけど・・・
銀の入部は、岩男さんの曰佐。
そして卒部は・・・
それが嬉しかね。
子が同じ日に卒部出来て、嬉しかよ。
腹立つ事、イライラする事、いっぱいあると思うけど、背中の卒部生達が、多分総出で羽交い絞めするやろうけん(笑)
層が薄くて、苦しい立ち上がりやけども、ソフトは弱くてもいいけん、心の強い子供ば育てましょうや。
ソフトの素質はなくとも、頑張る素質ば育てましょうや。
厳しく、そして優しく。
次男が入部する時は、またヨロシク!



「たかが少年ソフト」だけど、教わった事は、とてつもなく大きい。
 
No.472 2009/03/09(月) 16:17:17
ハートのエース  
ぬけてました 返信
スミマセン 上のコメントは私です
No.473 (修正済) 2009/03/09(月) 16:50:36
管理者 銀パパ  
AB30様 返信
はい、感動の卒部式でした。
愛宕浜さんも、3/1に卒部式だったんですよね。
AB30様のお姿、ブログで確認致しました(笑)

謝恩会では、お世話になりました。
次男の入部以前に、もしかしたらお会いするかもです(笑)
No.474 (修正済) 2009/03/09(月) 16:56:12
管理者 銀パパ  
ハートのエース様 返信
謝恩会では、お世話になりました。
「老眼」はホントの話しですよ(笑)

「熱い思い」って言うほどの事ではなかったのですが、トイレに立ち、席に戻ろうとしたところ、「まぁ座れ」と。
お説教されるのかな?とビクビクしてて(笑)
「寝る間を惜しんで、銀と頑張ったけど、結局はあの程度・・・でも、もっと早く・・・」と自嘲したのが発端です(笑)
「親子で努力せんと、勿体無いばい」と言うと・・・(笑)
でも、昨夜の涙を見まして、今年度のチーム、多少輝きが増した気がしてます。
泣いたお母さんの子達、その姿をしっかり見てましたから。
No.475 2009/03/12(木) 08:41:46
ウォーリー  
卒部... 返信
おめでとうございますm(__)m
そして...
お疲れ様でしたm(__)m
子供と...
しっかりと...
向き合ってこられたから...
これだけ...
鮮明に...
覚えられてるんですね...
しばらく...
ゆっくりされて...
これからも...
子供と共に...
道を...
歩んでいってください...
下にお子さんもいますし...
楽しみですね...
『曰の監督さん』...
おめでとうございますm(__)m
そして...
お疲れ様でしたm(__)m
苦しい事...
辛い事も...
あったと思いますが...
楽しかったでしょ
これからも...
みんなのため...
チームのため...
自分自身のために...
素晴らしい道を...
歩んでいってください...
『曰佐クラブ』の卒部生のみなさん...
卒部生の保護者のみなさん...
おめでとうございますm(__)m
そして...
お疲れ様でしたm(__)m
これからも...
子供達と共に...
道を...
歩んでいってください...
No.476 2009/03/13(金) 18:59:30
管理者 銀パパ  
ウォーリー様 返信
ありがとうございます。
そうなんです。鮮明に覚えてるんですよ(笑)
DVDを頂いたんですが、打席の銀の写真を見ると、「この時はセカンドゴロ」「この時は、ボール球を振って三振」と、出てくる自分が恐いです(笑)
真剣に向き合ったと言うよりは、のめり込んで行ったと言う方が正しいでしょう。


>ゆっくりされて...
う〜ん・・・
出来るのでしょうか?(笑)
とりあえず先は長いですので、ウサギではなくカメで行きたいと思います(笑)


道は続きますが・・・
「道はない。歩いた跡が道になる。」がモットーです(笑)
寄り道、回り道、そして迷い道も・・・(爆)
でも、色んな発見をしたいと思います。
レスをすべて読む
 
No.468 2009/03/05(木) 21:46:26
管理者 銀パパ  
銀と私の「少年ソフトボール」:6年生(最終戦〜卒部) 返信
前述した通り、「お別れ大会」は3位で終わった。
「楽しめばいい」と、ただそれだけを願って送り出した。
「体調が持てばいい」とも願った。
結果は求めてなかったのに、3位は御の字だった。

初戦の塩原戦に敗れ、優勝は消えた。
続く野間戦で、銀が体調不良。
おまけに鼻血まで。
鼻に、ティッシュを詰めたまま打席に立ち、右中間に打ちやがった。
打った瞬間、「いった!」と思った父。
最後の最後に、初ホームランか?と。
だが打球は、落下地点で大きくはね上がり、転がる事はなかった。
銀らしい・・・(笑)

パート2位決定の、三宅さんとのTBは、相手攻撃を凌ぎ、裏に来期の主砲が決めた。
そして3位決定戦の相手は、これまで勝った事がない横手さん。
好投手に抑えられるも、満塁で4年生が器用に転がして先制。
その1点を守りきった。
6年生のみならず、全学年の力を結集し、もぎとった銅メダル。
「最後」と言う雰囲気と相まって、今まで得たどのメダルよりも、私は嬉しかった。
子供達全員に、「ありがとう」と言いたい。





今週末、銀はいよいよ卒部します。
あっと言う間の4年半でした。
「卒部していいの?」ってな位、レベルの低い銀ですが・・・(汗)
今まで、あまり褒めた事がないのですが、卒部にあたって、精一杯褒めたいと思います。

継続は力なり!
例えヘタクソでも、最後までやり遂げた事に意義がある。
怒られても、落ち込んでも、辞めずに通した所に、私は意義があると思うのです。
でも、褒めた上で最後に銀には、こう言おうと思います。

感謝しなさい・・・

そして私も、我が子が無事に卒部出来る事に、心から感謝致します。

[前の5件] [Reload] [次の5件]
ホームページへ

銀パパの愛読書
三宅鷲と少年ソフトボール
千早西クラブログ
ソフトボール 那珂南クラブ
〜ダッグアウト〜
はやピーママの晴れたり曇ったり
ヤングス日記

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング