閉じる

BBS「銀河系」はインターネット俳句会です
投句には会員になる必要があります
田畑益弘宛メールでお申し込み下さい

※句会の流れ
 投句締切り・毎月十日 作品発表 ・毎月十一日
 選句締切り・毎月二十日 高点句発表・毎月二十一日
 主催者選 ・月末 兼題発表 ・月末


[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.976 2008/09/28(日) 17:06:23
田畑益弘 Website: 俳句 田畑益弘俳句の宇宙
「銀河系」九月句会主宰者特選句・入選句発表  
◆「銀河系」九月句会主宰者特選句・入選句発表




 【田畑益弘選】


 ■□■題詠「檸檬」の部


 ★主宰者特選句


R.れもん買ひて東京の片隅に帰る   妙

作者名を伏せても誰もが孤独なOL、女性の勤め人を
イメージするであろう一句。
それほどに「れもん買ひて」が良く効いている。
五七五も字余りも全く無視した破調の句だが、
現代感覚に溢れた優れた一行詩になっている。
檸檬は孤りの部屋を少しは明るくしてくれるのであろう。



 ☆主宰者入選句


C.ムニエルに六割りレモン「さあどうぞ」   やす

口語を交えて明るく元気良く書いたところに好感。
六割りレモンのような語は、レシピに詳しい女性、主婦でないと
なかなか思いつかないものだ。
ただ、座五を工夫して

 ムニエルに六割りレモン召し上がれ

とすれば、座りが良くなる。


D.哀しきは恙無きかのレモンの香   俊桂

「恙無きかの」という一捻りが巧み。
実は、作者には何らかの恙があるということを明かしている。
檸檬の強い芳香が哀しみをより際立たせるのである。


M.レモンの香癒えし証の患者食   篠崎

他にもレモンの香と病をテーマにした句はあったが
「癒えし証」がまさに実感で、この句が最も説得力がある。


O.爆弾のやうにレモンを置いておく   勿忘草

もし仮に<梶井基次郎の短編小説「檸檬」を読んで一句の俳句にせよ>という問題があれば
まさに掲句がぴったりの正答であろう。
「原稿用紙に書けば何枚、何十枚にもなることがらを
俳句は僅か十七音で表している」という見本のような一句だ。
ちなみに、同小説で檸檬は
丸善の棚に仕掛けて来た「黄金色に輝く恐ろしい爆弾」と書かれている。
「黄金色に輝く恐ろしい爆弾」だけでも、十九音である。
俳句では「黄金色に輝く」も「恐ろしい」も不要なのである。


 ■□■当季雑詠の部


 ★主宰者特選句


16.月今宵ウインナワルツ父と舞ふ   彩

良夜の舞踏会、ウインナワルツに合わせて舞う父と娘。
まことに優雅で上品な句になっている。
互選読者選一位も肯える美しい秀吟だ。

 
 
 ☆主宰者入選句


4.松虫やきれいな川の石拾ふ   まどか

松虫はよく河原で鳴いている虫だが、
その声の美しさを云わず「きれいな川の石」と転じたのが
巧いところ。「きれいな」という仮名書きも良く配慮されている。
 

7.色鳥や子に戻りたき一日あり   阿紀

「子に戻りたき一日」とは、まことに巧みな措辞である。
「色鳥」との距離感も頃合で作者の良い気分が如実に伝わってくる。
俳句の本質とは、作者と読者の気分の共有なのである。


9.月光や疵だらけなる子の机   麻里

もう使わなくなった子供の勉強机か、或いは今も窓辺で子を待つ机か。
私にも経験があるが、昔の木製の勉強机は
知らぬ間に疵だらけになっていたものだ。
使っている内に自分自身がつけた疵なのだが、
不思議なくらいに疵だらけになっていたのを記憶している。
月光に照らされた無数の疵は痛々しいが、
その疵痕もまた子の成長の証しだ。
作者の感慨がしみじみと伝わってくる。


20.たまさかは夫につき合ふ新走り   勿忘草

日本酒は寒造りが主流で新酒・新走りを秋の季語とするのは
既に無理があるのだが、それはまた別問題。
「たまさかは」が良く効いていて、
夫婦で晩酌の微笑ましい一句になっている。



 ■□■主宰者講評

今月は題詠、雑詠とも良い句が多く集まったように思います。
仮名表記のミスもなく充実した句会となりました。
ただ、この頃思うことですが、熟練の方と初心の方の
力量の差が大きく、どうしても高点句や主宰者特選・入選を
熟練者が独占するという傾向が強まっています。
力の差は仕方のないことなのですが、
初心の方や中級者の奮起を期待しております。

題詠入選のCの句は初心の方の作品ですが、
この句のように口語、話し言葉を交えて思い切って
詠んでみるのも、一つのヒントになるのではないでしょうか。
山際君も言っておりますが
「瑞々しさ、手垢にまみれていない新鮮さ」こそ秀句の条件です。
その意味では、初心者の方が熟練者よりも
秀句を得る可能性が大きいとも言えるのです。

熟練者との力の差を越えて対抗するには
「巧さよりも新鮮さ」で勝負することです。
初心者は「巧い句よりも新鮮な句を」を心掛けて下さい。

さて、十月句会の兼題は「冷やか」。
詳しくは山際君の講評を御覧下さい。
締切りは10月10日、いつものように当季雑詠一句とともに
私宛メールで奮って御投句下さい。
来月も皆様の御参加を心よりお待ちしております。
 
No.982 2008/10/01(水) 13:19:33
やす  
御礼  
中々皆様のように詠めなくてと思ってました。今回は入選にいれて
頂きとてもうれしいです。励みになります。有難うございました。
No.981 2008/09/30(火) 17:26:52
麻里  
ありがとうございます  
もう使わなくなった勉強机が裏に出してあるのです。
机の疵もまた成長の証し、つくづくそう思います。
No.980 2008/09/28(日) 21:19:45
篠崎  
Re:「銀河系」九月句会主宰者特選句・入選句発表  
実体験を詠みました。
評価して下さり感謝しています。
No.979 2008/09/28(日) 21:16:26
 
嬉しいです  
雑詠特選を頂きとても嬉しいです。
これからもよろしく御指導下さい。
No.978 2008/09/28(日) 18:44:16
勿忘草  
光栄です  
二句とも入選を頂きました。
いつも深く読み込んで下さるのが嬉しいです。
No.977 2008/09/28(日) 18:41:23
 
Re:「銀河系」九月句会主宰者特選句・入選句発表  
今月も田畑先生の特選を頂きました。
幸せです。

[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング