閉じる

URL:
題名:
お名前:
メールアドレス:
ホームページ:
ホームページURL:
  ブラウザに情報を記録する


この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.348 2018/04/09(月) 07:29:44
小谷正二  
実修会の内容 返信
実修会はどう言う方法で進めていくのですか
講師が、宇宙の無限の力が丹田に収まった・・・とか、健康になったとかを唱えているときに、皆が合わせて調息法をやるのですか、それとも、時間内でめいめいのスピードで調息法を実施するのですか。
それと、充息の短い時間に、想念と内観が同時にできないのですが、何かコツあるのですか、

 
No.350 2018/04/10(火) 17:36:17
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
Re:実修会の内容 返信
小谷様、ご質問ありがとうございます。

>実修会はどう言う方法で進めていくのですか

実修会は講習会を受講したり、博士の著書を読んだりして、
正心調息法のやり方は基本的にご存知の方を対象にしています。
ですので、正心調息法のやり方についての説明は行いません。

>講師が、宇宙の無限の力が丹田に収まった・・・とか、
>健康になったとかを唱えているときに、
>皆が合わせて調息法をやるのですか、

この辺りの実習は基礎講座の方で行います。
まずは呼吸法のやり方自体の説明をした後に3回。
この時は「吸息」「充息」等の掛け声だけです。

その後「想念・内観」の説明をして、
「想念・内観」を加えた形で10回の実習を行います。
この時はこんな形にしています。

【1〜3回目】
 ☆「吸息」「充息」等の掛け声とともに想念の言葉を読み上げます。

【4〜6回目】
 ☆「吸息」「充息」等の掛け声だけにして、
  想念の言葉はご自分でできる範囲で実習

【7〜10回目】
 ☆一切の掛け声を掛けず、ご自分でできる範囲で実習

>時間内でめいめいのスピードで調息法を実施するのですか。

「実修会」はその形で行います。
正心調息法は本来は回数優先で、25回終えたら終了で可ですが、
各自の速さでとにかく20分続けてやってる形にしています。

>充息の短い時間に、想念と内観が同時にできないのですが、
>何かコツあるのですか、

最終的には慣れの問題ですけれど、
どうしても難しいという場合はステップを踏むことも可です。

@まずは呼吸法自体を身に着ける。
A次に言葉の世界「想念」を取り込む。
Bそれもできるようになったらイメージの世界である
 「内観」を取り込む。

またなにか有りましたら、ご遠慮なく書き込みをお願いします。


[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング