閉じる

URL:
題名:
お名前:
メールアドレス:
ホームページ:
ホームページURL:
  ブラウザに情報を記録する


この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.329 2017/10/20(金) 10:48:49
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
深い呼吸で「酸素」を取り込むことの可能性 返信
塩谷博士の「大健康力」を読むと、
人間にとって「酸素」がどれだけ重要であるか、
という点からのアプローチになっています。
しかしながら、食事、水との比較や、
高山病の例を挙げての例証に留まっています。

呼吸で酸素を取り込むこと以外の面で、
酸素が人間にどんな影響を与えているのか。
そういう面についてはあまり研究もないように思われます。

ある本で野口英世博士が「万病の素は酸欠である」と
その著作で述べていると紹介されていたので、
当たってみましたが、
ネットでも似たような表現で紹介している所は多々あれど、
その原典が紹介されていません。
やむなく野口英世記念館にメールして確認しました。
そう紹介する方はいるけれど、
該当するような言葉は確認されていないとのこと。
もう少し食い下がって、
野口博士の著作が有れば読みたいと再メールしましたが、
学術論文以外はないということでした。
学術論文しかないとしたら、
「万病の素は酸欠である」というような表現はしないだろう、
と私も判断しました。

でも最近、一つの可能性はあるのではと思い、
講習会でも話をしています。
これについては稿を改めます。
 
No.330 2017/10/21(土) 10:39:19
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
Re:深い呼吸で「酸素」を取り込むことの可能性 返信
昨日の続きです。

先日、NHKスペシャルで南極の深海の様子を紹介してました。
クラゲ等々の巨大生物が生存しているけど、
その一つの要因としてそこの酸素濃度が高いとのことでした。
酸素の効用という面で、一つの参考にはなるかもしれません。

さてさて、最近講習会で話していることというのは、
深い呼吸をして身体に充分な酸素を取り込んでいると、
ガンに対する予防になりそうだということです。
もちろん勝手な仮説です。

ご存知の通りですが、
ガン細胞というのはしょっちゅう発生している。
ですが、通常はそれを正常な細胞やらが潰している。

では、身体の中が低酸素環境に置かれるとどうなるのか。
正常な細胞自体が長生きしたり新陳代謝するためには、
当然酸素が必要ですから不活性化してしまう。

それじゃあガン細胞はというと、酸素が少なくとも、
身体の中にあるブドウ糖を分解して成長できるのだそうです。
ということは、身体の中を低酸素環境に置いてしまうと、
ガン細胞が活性化しやすい環境を
創ってしまうことになります。

なので、深い呼吸に心掛けて身体中に酸素を満たしておくと、
ガンに対する予防になる可能性は多分にあるのではないか。
講習会ではそんな話をしています。

酸素を充分に取り込むことへの身体への影響について、
その他でも参考になりそうな話をご存知でしたら、
教えていただければ幸いです。

[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング