閉じる

正心調息法ネットワーク掲示板(質問受付、お知らせ等)
正心調息法ネットワークは、塩谷信男医学博士が提唱する健康呼吸法「正心調息法」を、
博士の考えに基づき組織を作らない形でのの普及活動を行っています。
この掲示板は正心調息法ネットワークの活動に関するお知らせ、
同呼吸法に関する質問や回答用に設置していますが、
体験談、講習会の感想、近況等についても気軽に書き込んでください。
なお旧掲示板のアクセス数は約112,000件。当掲示板は新たに0からの出発です。
なお当掲示板のアドレスは不定期に変更しますので、
正心調息法ネットワークTOPからの入室をお願いします。

 
URL:
題名:
お名前:
メールアドレス:
ホームページ:
ホームページURL:
  ブラウザに情報を記録する

     画像:

[前の5件] [Reload] [次の5件]

No.339 2017/12/13(水) 10:52:11
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
「呼気」と「吸気」、どちらが先? 返信
多くの呼吸法では、始める前に吐き切りなさい、
というようなことを言います。

ですが、正心調息法ではそれに拘りません。
どちらでも実修する方がやり易い方で構いません。

「吐く」ことを優先する根拠をなにかの本だったかで知りました。
「呼吸」と書くのだから「呼気」は「吸気」より先であるべきと。
成るほど説得力が有るな、とその時は思いました。

その後、人間の最初の呼吸は「呼気」か「吸気」、
という話にも出会いました。
つまりは「おぎゃあ」と産まれた時のこと。

母親の胎内にいる時は母親の呼吸によって、
臍の緒を通じて酸素を供給されています。
自力呼吸はしていません。

胎外に出た時、赤ちゃんがまずするのは、
肺に目一杯空気を吸い込むこと。
「おぎゃあ」という鳴き声は、吸い込んだ空気を外に出すこと、
誕生後最初の「呼気」なんだそうです。

人間として、もしくは動物として独立して、
最初にする呼吸は「吸気」だということですね。

で、結論としては、やっぱりどっちでもいいんじゃないかと。
個人的には「吐き切る」というほどでは有りませんが、
軽く吐いてから始める方がリズムが良い日も有ります。

 
No.338 2017/12/08(金) 11:20:38
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
来年7月までの出張講習会日程 返信
来年1月〜7月の出張講習会日程がほぼ固まりました。

☆1月20日(土) 新潟/21日(日) 仙台

☆3月17日(土) 京都/18日(日) 広島

☆5月26日(土) 札幌/27日(日) 名古屋

☆6月9日(土) 高松/10日(日) 岡山

☆7月21日(土) 神戸/22日(日) 金沢

講習会の時間は13:30〜15:30、
ただし移動の関係で名古屋は14:00〜16:00になります。
既に6月分までは下記に掲載済みです。
http://www.seishin-chosokuho.net/

今年は経費不足のため3月から11月の隔月設定で5回のみ。
来年は1月と6月に増やしてみました。
岡山と金沢は久し振りの設定。
お近くの方はぜひご参加ください。
 
No.337 2017/12/06(水) 10:09:36
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
No Title 返信
12/3(日)の基礎講座&実修会は予約の出入りが激しかったです。
3名のお申込みが有ったのですが、
リピーターの方が都合で数日前にキャンセル連絡。
そしたら2日後くらいに、
有り難いことに再度調整が着いたとの連絡。
喜んででたら、当日1名の方が腰痛で欠席とのこと。
結局2名のご受講となりました。

ご受講いただいた女性は呼吸が浅いと感じられていて、
知り合いの霊感のある歯科医に相談。
そしたら「正」「心」「調」「息」「法」というような感じで
言葉が浮かんできたとかで、
なんのことかわからんが、調べてみなさい、
と言われたとのこと。
それでネットで調べて講習会に辿り着いたのだそうです。

そういう不思議なことを話してくれる受講者も
そんなに多くはないですが、おられます。
そんな話も追々ご紹介しましょうかね。
 
No.336 2017/11/17(金) 10:21:00
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
【鈴の印の位置】 返信
講習会では鈴の印の位置について、
鳩尾の前、拳一つか二つ前と伝えています。

先日の大阪講習会をご受講いただいた女性から、
「『不老力』には臍下丹田の前で結ぶ」となっているが、
どちらが正しいかとの質問が有りました。

確認しましたら『不老力』には
確かにその通り書かれてました。
他の著書も確認してみましたが、
意外と「位置」に関する著述は多くなくて、
『地球の破滅を救う』には「鳩尾のちょっと下」とあります。

両肘を直角にして軽く脇に着けると、ほぼ鳩尾の前。
ですので、私自身の説明に疑問は持っていませんでした。
ですが「鳩尾のちょっと下」だと遠からずですが、
「臍下丹田の前」となるとちょっと距離が出てきます。

ちょっと悩みましたが、こういう時の回答は、
どちらでも各人が気持ちの良い方で、になるでしょう。
博士がご存命だったとしてもそう言われる気がします(笑)。
 
No.334 2017/10/29(日) 22:51:04
かまた  
講習会ありがとうございました 返信
岩崎様 今日の講習会ありがとうございました。とても丁寧でわかりやすい説明・ご指導・ご指摘で、今までのやり方の修正ができ、大変うれしかったです。あいにくの雨天でしたが、参加させてもらったかいがおつりがくるくらいありました。(打っている途中で機械の不具合か投稿欄へ飛んでしまい、失礼しましたm(_ _;)m )

 
No.335 2017/11/15(水) 10:15:46
岩崎雅樹 Website: 正心調息法ネットワーク
Re:講習会ありがとうございました 返信
ご受講ありがとうございました。
返信が遅くなって申し訳ありません
また機会が有りましたらよろしくお願いします。

ただこの日ご受講いただいたお二人の仲に
「かまた」さんはおられませんがハンドルネームとかでしょうか。
いずれにしろなにかお聞きになりたいことがあれば、
ご遠慮なく連絡をお願いします。

[前の5件] [Reload] [次の5件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング