閉じる

URL:
      title 題名
      handle name 名前
      BBS利用ガイドライン
      サイト内利用
      e-mail Eメール
  ブラウザに情報を記録する
     

この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]

No.437 2013/01/22(火) 19:35:58掲載OK
asfanpage-master (ai126213002194.5.tss.access-internet.ne.jp)ガイドラインを了解する  
NHKラジオ第1に諏訪内晶子さん出演予定! 1月25日 早朝 返信
 2013年1月25日(金)午前4時台,NHKラジオ深夜便に,諏訪内晶子さんが出演します。公式サイトおよびNHKサイトによると,新たに挑戦する“芸術監督”について,語る予定です。
 
No.438 2013/01/23(水) 07:07:35掲載OK
きん (KD106169000125.au-net.ne.jp)ガイドラインを了解する  
Re:NHKラジオ第1に諏訪内晶子さん出演予定! 1月25日 早朝 返信
おおっ。
諏訪内さん、ラジオに出演ですか。
なんか嬉しいな。
聴いてみたいな。
でも、朝、早いな。
困ったな^^
No.441 (修正済) 2013/02/02(土) 11:05:37掲載NG
asfanpage-master (ai126213028098.5.tss.access-internet.ne.jp)ガイドラインを了解する  
お聴きになりましたか。 返信
 きんさん,いつもコメントありがとうございます。ラジオ深夜便,お聴きになりましたか。
 この日,私は未明3時50分に起きて,ラジオに耳を傾けました。現代音楽を広める使命などについて語っていたことが,印象に残りました。
 この年末年始を諏訪内さんはベルン(建築としても面白い美術センターが,郊外にある街です)で過ごし,年明けの演奏会に出演されたそうです。
 年末年始,私は,とあるジルベスターコンサートを楽しみました。もちろん演奏も良かったのですが,より印象的だったのはカウントダウン後の出来事です。
 ピッタリ演奏が終わって,新年を迎えられたからでしょうか。司会(アナウンサー)の方が,突然,感動からか涙を流されました。年明け早々,音楽が人々にもたらす感動や力を,改めて目の当たりにしました。
 2日からの音楽祭でも,諏訪内さんや多くの方々のお力により感動が生み出され,楽しみながら,細やかながら,より良い社会づくりへつながることを願っています。

No.442 2013/02/02(土) 18:12:58掲載OK
きん (KD106169053054.au-net.ne.jp)ガイドラインを了解する  
残念ながら・・・^^ 返信

ファンページマスターさん、こんにちは^^
私へのコメントをありがとうございました。

残念ながら、諏訪内さんのラジオは、聴けませんでした。

内容のお知らせ、ありがとうございます。

素敵な年末年始を送られて、誠によかったですね。
うらやましいです。

感動。

ひさしくしてないので。

もっともっと、諏訪内さんや、その他のものを通して、
感動を味わいたいです。

ありがとうございます^^
No.444 2013/02/13(水) 08:48:12掲載OK
asfanpage-master (ai126212134203.5.tik.access-internet.ne.jp)ガイドラインを了解する  
NHKウェブサイト ラジオ番組公開中 返信
 NHKウェブサイト・ラジオ深夜便ページにて,この番組が聴けるようになりました。約1ヶ月間,公開予定だそうです。ジャズヴァイオリニスト寺井尚子さんの番組も公開中です。
 www.nhk.or.jp/shinyabin/jyoyou.html#inkyo2
No.445 2013/02/14(木) 05:37:37掲載OK
きん (KD106169007152.au-net.ne.jp)ガイドラインを了解する  
ワォ!  ^^ 返信

ファンページマスターさん
こんにちは^^

ワォ、ワォ、ワォ!  ^^

貴重な情報、誠にありがとうございます。
とても嬉しいです。

まさか諏訪内さんの番組を拝聴できるとは思わなかった
ので(涙)

39分02秒、じっくり拝聴いたしました。

諏訪内さん、おっしゃる様に現代音楽に力を入れられて
いるご様子ですね^^

私、現代美術は、とても刺激があって、好きなんですが、
どうも現代音楽は、少し苦手です。

あの、有名な、武満徹さんの作品の美しささへ、今でも
理解できないほどなのですから。

実は、私に、クラシカル音楽と美術の門を開いてくれたのは、
諏訪内さんなのです。
諏訪内さんが、両者ともお好きだから、私も興味をもった次第
です。
だから、諏訪内さんは、私にとっては、芸術のミューズです^^

 余談ですが、先日は、デルボーの『森』という絵を観てきました。

番組の中での、スペイン民謡組曲もとてもよかったです。


しかし、諏訪内さんが、コンクールに参加した当時のソ連は、
共産党大会か、チャイコフスキーコンクールか、というほどの
の注目度だったとは、本当にすごい大会に優勝されたんだなぁ、
と改めて思いました。

芸術監督のお仕事もがんばって頂きたいです。

番組は、3月11日まで視聴可とありました。

みなさんもどうぞお聴きください。

本当の今の諏訪内さんが、楽しめます!

[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]
Akiko Suwanai 諏訪内晶子 Information Private Website TOP page

無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング